ナットウキナーゼってなに?

ナットウキナーゼってなに?

ナットウキナーゼってなに?

日本の代表的な食品である『納豆』

 

その様々な健康効果は大きな注目を浴び、今や様々な研究も行われていますが、その注目の成分こそがナットウキナーゼなのです。

 

ナットウキナーゼは、納豆の特徴の一つであるネバネバ成分の酵素の一つです。その特徴は、人間の身体の血管や組織が損傷した時に血液が流れだすのを止めるために作られる血栓を溶かすことです。

 

血栓は、止血の役割が終わると分解されるのですが、これが分解されずに体内に残ると脳梗塞や心筋梗塞、エコノミー症候群などの血管を詰まらせる重大な病気の原因になります。ナットウキナーゼは、この血栓の元になるたんぱく質を分解し、血液をサラサラにする働きをする、とてもうれしい成分なんです。

 

その効果の強さは、血栓融解の点滴で用いられるウロキナーゼという薬剤よりも強いと言われています。

 

ナットウキナーゼってなに?

 

 

しかし、食品の納豆には、実は血液凝固の働きをするビタミンK2も含まれています。これでは、血栓融解効果のあるナットウキナーゼとは正反対の働きですよね。

 

ですから、ビタミンK2を除去すると、血栓融解成分としてはナットウキナーゼをさらに強力にすることができます。これまで、ワルファリン(薬剤名ワーファリン)を服用している血栓症の患者は、ビタミンK2を含むがゆえに、せっかく血液サラサラ成分を含む納豆を食べることができませんでした。

 

しかし、ビタミンK2を除去したナットウキナーゼなら、安心して摂取して血液サラサラ効果を期待することができます。

 

ナットウキナーゼってなに?

 

 

ナットウキナーゼの様々な効果

ナットウキナーゼには、血液サラサラ効果以外にも、様々な臨床研究が進んでいます。

 

ナットウキナーゼってなに?

 

 

 

ナットウキナーゼの効果的な摂取方法

血栓は、深夜から早朝にかけてできやすいという傾向があります。

 

そのため、ナットウキナーゼを摂取するなら、夕食後や就寝前に摂取するのが効果的。40代以上の年齢の方、ストレスの多い方、高血圧、高脂血症、糖尿病の方は、継続的にナットウキナーゼを摂取して血液サラサラ効果を目指しましょう。

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ